本をさがそう
本の詳細

ヒトラー・ユーゲントの若者たち -愛国心の名のもとに-

スーザン・キャンベル・バートレッティ 作/林田康一
ヒトラー・ユーゲントの若者たち -愛国心の名のもとに-
  定価(本体1,300円+税)
判型: 四六判
ページ数: 224頁
ISBN: 978-4-7515-2217-2
NDC: 936
初版: 2010年10月
対象: 中学生〜
品切れ
なぜ、ヒトラーは熱狂的に支持されたのか? 丹念な調査から、歴史の謎に迫るノンフィクション。1930年代ドイツ、ナチス躍進のかげには、若者たちの存在がありました。小さなナチス党員となるべく教育された子どもたちは、何を思い、どう行動したのか? 残された記録だけでなく、実際にヒトラー・ユーゲントとして活動していた「元ヒトラー・ユーゲント」へのインタビューなどから当時何が行われていたのかを明らかにしていきます。


【著者紹介】
著:スーザン・キャンベル・バートレッティ(Susan Campbell Bartoletti)
 アメリカ・ペンシルヴェニア州生まれ。大学卒業後、教職につくが、そのかたわら、読み物や絵本を発表。1997年、教師の職を辞して、作家活動に専念。近年はアメリカの炭鉱町の生活や、アイルランドの大飢饉など社会的なテーマを扱ったノンフィクション作品を多く発表している。ヒトラー・ユーゲントを扱った本書刊行後、高い評価を受け、ニューベリー賞銀賞をはじめ、数多くの賞を受賞している。最新作は、白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に関するノンフィクション作品They Called Themselves the K.K.K.。
訳:林田康一(はやしだ こういち)
1952年、東京に生まれる。東京大学文学部英米文学科卒業。出版社勤務の後、企画・翻訳に携わる。主な訳書に携わる。主な訳書に、南北戦争を扱った『少年は戦場へ旅立った』、ホロコーストを扱った『ヒトラーのはじめたゲーム』、科学写真絵本『ひとしずくの水』(以上、あすなろ書房)などがある。



【書評】    
メディア名 日付 コメントなど
日本経済新聞 夕刊 2013年7月19日 “同じ過ちを繰り返さないために、言われたことをむやみに信じるのではなく、自分で考える習慣を身に付けたい”


本をさがそうトップに戻る

Copyright 2018 (C) Asunaro Shobo
このホームページに掲載されている画像・文章等の無断転載を禁じます。