本をさがそう
本の詳細
日本の伝統文化を学ぶ絵本

知って楽しい花火のえほん

冴木一馬 写真と文
知って楽しい花火のえほん
  定価(本体1,200円+税)
判型: B5判
ページ数: 32頁
ISBN: 978-4-7515-2292-9
NDC: 575
初版: 2008年7月
対象: 小学校中学年〜
カートに入れる
子どもと楽しむ花火の絵本百科。知っていますか? 花火の作り方/種類(割物、ポカ物、型物、水中花火…)、花火の歴史/伝統花火。

子どもと楽しむ花火の百科!
花火を見るのが100倍楽しくなる!
花火を見るのが100倍楽しくなる!
花火は、1年寝かせると色がきれいになる?
わたしたちがお店で購入して楽しむ玩具花火は、買うときに製造年月日を見るといい。なぜなら花火は、製造してすぐに使うよりも、1年ぐらい寝かせたほうが色や火花がきれいだといわれているからだ。また、線香花火は、火をつける前に、先端部分をぎゅっとしめておくと長持ちする。
(本文「豆知識」より)

【著者紹介】
作者:冴木一馬(さえき かずま)
ハナビスト・日本写真家協会会員。
1957年山形県生まれ。報道カメラマンのかたわら20年前から花火の撮影をはじめ、全国の花火大会を記録しながら、花火の歴史や文化の研究をおこなっている。著書に、『花火の本』(淡交社)、『日本列島花火紀行』(山と渓谷社)、『四季の花火を見に行こう』(講談社)などがある。


【書評】    
メディア名 日付 コメントなど
読売新聞 2008年8月16日(夕刊)


本をさがそうトップに戻る

Copyright 2019 (C) Asunaro Shobo
このホームページに掲載されている画像・文章等の無断転載を禁じます。