本をさがそう
本の詳細

人は何で生きるか

レフ・トルストイ 著/北御門二郎
人は何で生きるか
  定価(本体900円+税)
判型: 四六判
サイズ: 18.8×12.8cm
ページ数: 92頁
ISBN: 978-4-7515-2381-0
NDC: 983
初版: 2006年5月
対象: 小学校高学年
カートに入れる
トルストイ民話の名作中の名作を集めたシリーズの第1巻。
貧しい靴屋のもとにやってきた不思議な男。はたして、その正体とは?


トルストイ トルストイの散歩道
●装丁は和田誠氏。
表紙イラストレーションをはじめ題字、トルストイの似顔絵を使用したロゴマークなど和田氏らしい、読書好きの心をつかむデザイン。

いま、トルストイ! 大文豪だからと敬遠していたのは間違いだった。読んでみるとちっともむずかしくないのだ。 ─和田 誠


●トルストイの散歩道(全5巻)
レフ・トルストイ 著/北御門二郎 訳/装丁 和田誠
各巻定価(本体900円+税)/判型 18.8cm×12.8cm
人は何で生きるか ●トルストイの散歩道1
『人は何で生きるか』
イワンの馬鹿 ●トルストイの散歩道2
『イワンの馬鹿』
人にはたくさんの土地がいるか ●トルストイの散歩道3
『人にはたくさんの土地がいるか』
二老人 ●トルストイの散歩道4
『二老人』
愛あるところに神あり ●トルストイの散歩道5
『愛あるところに神あり』

【著者紹介】
訳者:北御門二郎(きたみかど じろう)
トルストイを深く信奉し、郷里熊本の山中で農業を営みながらその翻訳に尽力した。兵役拒否者としても知られ、日中戦争が始まった翌年、徴兵検査の知らせを受けたが、17歳で「イワンの馬鹿」と出会って以来トルストイから学んだ非暴力を胸に兵役拒否を決意。独学でロシア語を習得し、戦後トルストイの翻訳を始め、「戦争と平和」「アンナ・カレーニナ」「復活」の3部作が79年に日本翻訳文化賞を受賞した。本書は「心訳シリーズ イワンの馬鹿」(地の塩書房刊)の改訂版。

【書評】    
メディア名 日付 コメントなど
NHK総合テレビ 2018年5月21日 「鶴瓶の家族に乾杯」にて紹介されました。


本をさがそうトップに戻る

Copyright 2018 (C) Asunaro Shobo
このホームページに掲載されている画像・文章等の無断転載を禁じます。