本をさがそう
本の詳細
中学生までに読んでおきたい日本文学

中学生までに読んでおきたい日本文学9食べる話

松田哲夫
中学生までに読んでおきたい日本文学9食べる話
  定価(本体1,800円+税)
判型: A5変型判
サイズ: 21.4×13.8cm
ページ数: 288頁
ISBN: 978-4-7515-2629-3
NDC: 913
初版: 2011年3月
対象: 中学生
カートに入れる
序詞『くらし』(石垣りん)に始まり、岡本かの子『鮨』、森茉莉『ビスケット』、向田邦子『ごはん』、武田百合子『夏の終わり』、深沢七郎『いのちのともしび』など、15の名作短編を収録。


●「中学生までに読んでおきたい日本文学」シリーズ 【全10巻】
松田哲夫 編
A5変型判/288ページ
各巻定価(本体1,800円+税)
悪人の物語 ●1巻
『悪人の物語』
いのちの話 ●2巻
『いのちの話』
おかしい話 ●3巻
『おかしい話』
お金物語 ●4巻
『お金物語』
家族の物語 ●5巻
『家族の物語』
恋の物語 ●6巻
『恋の物語』
こころの話 ●7巻
『こころの話』
こわい話 ●8巻
『こわい話』
食べる話 ●9巻
『食べる話』
ふしぎな話 ●10巻
『ふしぎな話』


本をさがそうトップに戻る

Copyright 2019 (C) Asunaro Shobo
このホームページに掲載されている画像・文章等の無断転載を禁じます。