本をさがそう
本の詳細
教室で読みたい本〔高学年向き〕

ハーネスをはずして 北海道盲導犬協会の老犬ホームのこと

辻 惠子
ハーネスをはずして 北海道盲導犬協会の老犬ホームのこと
  定価(本体1,300円+税)
判型: 四六判
ページ数: 176頁
ISBN: 978-4-7515-2769-6
NDC: 916
初版: 2016年4月
対象: 小学校高学年
カートに入れる
看取った盲導犬は、250頭。
犬が好きで好きでたまらなかった著者が選んだ、老犬介護の仕事とは?
引退した盲導犬のための老犬ホームは、1978年、世界で初めて
北海道盲導犬協会の中に誕生しました。
この老犬ホームで28年間働く著者が、老犬ホーム設立のいきさつから、
犬とのつらい別れまで、知られざる犬との日々を綴った活動報告エッセイです。
犬の12歳は、人に例えると67歳。13歳で70歳。14歳で75歳。
盲導犬として働けるのは、10年ほど。
引退が決まれば、盲導犬はユーザーのもとを離れなければなりません。
深い絆で結ばれた者同士の別れはつらいものですが、
本当の別れは、元盲導犬が犬生を全うするときにやってきます。
それまでの時間を、「犬への最後の贈りもの」として、
よりよいものにしようと奮闘する著者の姿は、盲導犬にかぎらず、
生あるものと関わるすべての人の参考になることと思います。
また、シニア犬の介護に役立つアイディアも!
犬好きはもちろん、動物と関わる仕事に憧れを抱いているお子さんにも
おすすめしたい1冊です。

【書評】    
メディア名 日付 コメントなど
北海道新聞 (夕刊) 2016年8月29日 著者の辻惠子さんの記事が掲載されました。


本をさがそうトップに戻る

Copyright 2018 (C) Asunaro Shobo
このホームページに掲載されている画像・文章等の無断転載を禁じます。