本をさがそう
本の詳細
日本の名作童話えほん

アイヌのむかしばなし ひまなこなべ

萱野 茂 文/どい かや
アイヌのむかしばなし ひまなこなべ
  定価(本体1,400円+税)
判型: A4判
ページ数: 32頁
ISBN: 978-4-7515-2819-8
NDC: 929
初版: 2016年8月
対象: 小学校中学年
カートに入れる
新シリーズ「先住民の昔話えほん」第1弾!

アイヌは万物に神が宿ると考えており、中でもクマは特別な存在。
クマが肉や毛皮をもたらしてくれるお礼に、アイヌは感謝の気持ちをこめてにぎやかな宴を開きます。
そんなすばらしい宴の場で、クマの神は、踊りの上手な不思議な若者に出会います。
クマの神は、その踊りを見たいがゆえに、何度も何度もアイヌにしとめられます。
その若者の正体、実は……。
あまり知られていないアイヌの昔話ですが、万物を大切にするアイヌの思いがよく描かれている美しい絵本です。

文字をもたないアイヌは、生きていく上で守るべき大切な教えを楽しい物語にして、代々語りついできました。
生命を敬い、その恩恵をあたりまえのものと思わずに大切にすること。
北の大地で長らく語りつがれてきた、深い教えに満ちた物語。

第64回産経児童出版文化賞「産経新聞社賞」を受賞しました!


【書評】    
メディア名 日付 コメントなど
毎日新聞(富山版) 2017年2月22日 “どいかやさんの優しい絵によってアイヌの世界に導かれるのは、とてもうれしいことです。アイヌをもっと読みたい、知りたいにつながるからです”
北海道新聞 2016年12月25日 “自然や身の回りのものすべてに尊敬の気持ちをもって接したアイヌの人々への敬意に満ちた絵本”
朝日新聞「子どもの本棚」 2016年9月24日 “道具にも魂が宿ると考え、カムイ(神)として敬ってきたアイヌの人たちの考え方がよくあらわれている”


本をさがそうトップに戻る

Copyright 2018 (C) Asunaro Shobo
このホームページに掲載されている画像・文章等の無断転載を禁じます。